TOP

20年ほど前は、消費者金融は「サラ金」と世間から呼ばれていました。

20年以上前は、消費者金融は「サラ金」と世間から呼ばれていました。この「サラ金」というのは、サラリーマン金融という言葉を略したもので、消費者金融がサラリーマンを顧客としている金融業者、であることから「サラ金」と呼ばれていました。当時は、高金利でお金を貸す事実もあって、当然、世間からすると印象は悪いものでした。この時代のあまりよくない印象が強い昭和世代を基準とした場合、近年の消費者金融の変化には、間違いなくビックリするはずです。今では、銀行と提携することで信用度は比べ物にならないくらい増してきました。そして、安定したことで金利に関しても銀行のような低金利を採用している金融業者も増えています。それから、審査基準も比較的やさしく、即日融資にも対応可能です。ですので、万が一、お金を急に必要とするときには、銀行なんかよりも迅速な「消費者金融」にメリットを感じるといった人も少なくないでしょう。

過去記事一覧

過去記事一覧