TOP

毎日の出費がかさみ生活していくために必要、もしくはレジャーをするお金が足りない、など…

日々の出費がかさみ生活していくために必要、もしくはレジャーをするお金が足りない、などのように理由は色々あると思いますが、カードローンの利用を予定されているのなら、銀行それから消費者金融ではどういった点で相違しているのか、ということを知っておきましょう。まず「銀行」は、審査基準が高いデメリットがあるものの、「低金利」という、マイナスを補うに値するメリットがあります。「消費者金融」の場合、銀行よりも審査基準が緩いのです。けれども、金利が高いです。借りた際の値は、最高20パーセントです。近年は、消費者金融の借入れ時は17パーセントほどで融資してくれるところが目立ちます。さらに、消費者金融では、貸金業法による「総量規制」が設定されていて借り手の年収の3分の1までが借り入れの限度となっています。

過去記事一覧

過去記事一覧